【スポンサーリンク】

【改行コード】CR・LF・CRLFの違いメモ

CR・LF・CRLFの違いです。大した話では無いのでメモ程度。

【スポンサーリンク】

CR・LF・CRLFの違い

読み 意味 コード OS
CR キャリッジリターン(carriage return) 行末から行頭に戻す復帰コード \r
(←)
MacOS 9以前
LF ラインフィード(line feed) カーソルを次の行へ送る \n
(↓)
unix系、MacOS X以降
CRLF シーアールエルエフ(CR+LF) Windows系の改行 \r\n
(↵)
Windows系
【スポンサーリンク】

ケアの必要性

テキストをOS間でやりとりする場合、普通に目視で開く分には特に問題無いですが、プログラム上で処理する時はケアする必要があります。

例えば、テキストファイルをLinux OSからWindowsOSに渡してプログラム上で処理した時、LFで改行コードが書かれているのに、Windows上で何も意識せずに処理するとトラブルの原因になります。

逆も然りで、Windows上で作成したテキストファイルをLinuxに送る場合、改行コードをLFにして渡してあげないとトラブルになります。

【スポンサーリンク】

鉄道記事も書いてます!

ちょっとリフレッシュして鉄道記事も読んでみませんか?

鉄道記事バックナンバーはこちら↓

鉄道コム投稿記事一覧ページ