【スポンサーリンク】

【野球】トレード可能な期間はいつからいつまで?

プロ野球にはトレードという制度があります。基本的には選手と選手の交換トレードによって、チームの戦力補強を行います。

ただし、このトレードですが、いつでも行えるというわけではありません。ある特定の期間だけトレードが可能です。

【スポンサーリンク】

プロ野球におけるトレード可能な期間

プロ野球でトレード可能な期間については、日本プロフェッショナル野球協約に記載があります。

第13章「選手契約の譲渡」
 第108条(譲渡可能期間)
  選手契約の譲渡が許される期間は、年度連盟選手権試合シーズン終了の翌日から翌年7月31日までとする。ただし、この協約に基づくウエイバーの請求による選手契約の譲渡に関してはこの限りでない。

日本プロフェッショナル野球協約2019 |日本プロ野球機構(インターネットアーカイブ)

2021年~2022年の間でトレード可能・トレード不可の期間を表にしてみました。

2021年 2022年
9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
トレード不可 トレード可能期間(2021年11月2日~2022年7月31日) トレード不可 トレード可能

上の表の黄色い期間内であればトレード可能で、グレーの期間内はトレードが禁止されます。

ただし、ウエイバー公示されている選手については、トレード禁止期間でもトレードが可能です。

【スポンサーリンク】

特例措置

基本的には、日本プロフェッショナル野球協約の第13章・第108条に記載がある通りですが、2020年は新型コロナの影響で、2021年はオリンピック開催の都合上、特例措置が設けられました。

2020年の場合、プロ野球の開幕が6月19日にずれ込み、試合数も120試合に減少。その関係もあり、トレード期間は2020年9月30日まで延長となりました。

2021年の場合、東京オリンピックの競技に野球が含まれており、7月27日~8月10日までの間、公式戦が中断となっていました。そのため、トレード期間は2021年8月31日まで延長となりました。

【スポンサーリンク】

関連リンク

野球協約・統一契約書|日本プロ野球機構(インターネットアーカイブ)

選手契約、譲渡可能期間終了のお知らせ|NPBニュース

野球協約第108条(譲渡可能期限) 今シーズン限定特例措置について|NPBニュース

【スポンサーリンク】

関連記事

【野球】プロ野球選手の契約期間はいつからいつまで?
プロ野球選手は球団と契約してプレーしています。ただし、1年中、選手と球団がずっと契約しているわけではありません。契約には期間が存在し、その契約の中でプロ野球選手はプレーしているのです。 では、「プロ野球選手の契約期間はいつから...