スポンサーリンク

【野球】ノンテンダーとは?戦力外とはどう違う?

ノンテンダーとは、プロ野球において、球団が選手に対し、来シーズンの契約を提示しないこと。

選手の成績と年俸に見合わないため、戦力外とは言えず、年俸を下げれば再契約する場合もある。

スポンサーリンク

ノンテンダーとは?

ノンテンダーとは、プロ野球において、球団が選手に対し、来シーズンの契約を提示しないことです。

決して戦力外というわけではなく、年俸と選手能力、端的に言えばコストパフォーマンスが見合っていない場合に球団側がとる手法のことです。

メジャーリーグ(MLB)の場合、年俸が高騰の抑制のために契約しない(ノンテンダー)こともあります。一種の駆け引きみたいなものです。

日本ハムがしばしばノンテンダーという手法を用いており、多田野数人氏や坪井智哉氏が自由契約状態になったものの、年俸を下げて再契約という結果になったこともあります。

悪意を持って言ってしまうと、球団側が、

「戦力にはなるけど、年俸を現状維持するとか微減ではうちとしては契約できない。年俸を大幅に下げて良いのなら契約する。」

と言って、選手側が要求を飲めなければ自由契約にして、どの球団とも契約できなければ、

「ほら、どこも手を上げてくれないでしょ?野球したいでしょ?だったらウチと契約しなよ。年俸これだけ下がるけど。」

という、まるでDV彼氏の様なものです。

スポンサーリンク

戦力外・ノンテンダー・FAの違いは?

戦力外・ノンテンダー・FAで共通しているのは、選手が自由契約になることです。

シーズンオフになると、自由契約というキーワードを耳にすると思いますが、自由契約は選手の契約状態のこと。戦力外・ノンテンダー・FAにより、自由契約状態になることは差はありませんが、内容に差があります。

戦力になる 再契約 世間体
戦力外 × × ×
ノンテンダー
FA

戦力外

戦力外というのは、「あなたはチームの戦力にならないため、契約しません」ということです。年齢による衰えや、伸びしろが無い場合などの事情は様々ですが、来期構想に戦力として含まれていないため、超特例を除いて再契約はあり得ません。ただし、他球団との契約はあり得ます。

ノンテンダー

ノンテンダーの場合、戦力ではありますが、年俸に見合った働きが出来ないと球団に判断されているため、年俸を下げれば再契約してもらえる可能性があります。もちろん、自由契約状態なので、他球団と契約することもアリです。世間体としてはカタカナを使っていることもあり、日本ではグレーゾーンみたいな扱いになっています。

FA(フリーエージェント)

FA(フリーエージェント)の場合、チームの中心選手や球界を代表する選手が権利を行使するため、基本的には前向きなイメージとなります。当然、戦力としては無くてはならない存在ですので、再契約も可能です。尚、球団によっては、FA宣言して再契約をしない球団もありますが、それは球団の方針であって、規則上は再契約可能です。

ただし、衰えた超ベテラン選手が2回目や3回目のFAを行使した場合、戦力としてみなされていない場合があるので、実際には戦力外のケースもあります。

スポンサーリンク

関連記事

【野球】タンキングとは?
タンキングとは、MLB(メジャーリーグ)ではしばしば行われてる球団運営手法。球団の主力選手を一気に放出し、翌シーズンの優勝を諦めて、チーム再建や若返りを図ること。 低迷チームの再建だけでなく、優勝チームも若返りのために高齢の主力選手を...
【野球】銭闘とは
銭闘とは、プロ野球における球団と選手による熱い年俸交渉のこと。 球団が提示した年俸に対して選手が納得すれば銭闘は発生しないが、球団の査定に納得いかない場合、選手が闘いを挑むことになる。
【野球】ささやかなお願いとは?
ささやかなお願いとは、近鉄バファローズに所属していた中村紀洋氏が球団に要求したとされるコピペのこと。