歴史

スポンサーリンク
歴史

医者の真似をして商売をした渋沢栄一

渋沢栄一は14歳ごろから、父の家業を手伝うようになりました。しかし、栄一が進んで「やりたい!」と言った訳ではなく、栄一が読書三昧で、家業に興味を持たなくなると心配した父が、半ば無理矢理、栄一に家業を手伝わせたのです。 当時14歳で読書好きの...
歴史

渋沢家はどの様にして藍玉で財を成したのか

渋沢栄一の父が藍玉の製造と販売で財を成したと言われています。渋沢家の藍玉事業は単に藍玉を作って売るという一口で言えるようなものではなく、現在のメーカーが行っている、仕入れ・製造・販売のシステムを構築して事業を形成していました。
歴史

『青淵』という雅号の由来と名付け

渋沢栄一は青淵という雅号があります。文字通り捉えると、「とても深い青い色の川」という意味です。その由来、誰が名付けたのかを紹介します。
歴史

とても読書が好きだった渋沢栄一

渋沢栄一は読書が好きでした。家業の手伝いや、剣術の鍛錬なども行っていましたが、読書が好きすぎて叱られるくらい、それはもう読書が好きな青年だったのです。
歴史

父に贅沢を戒められた渋沢栄一

渋沢栄一がまだ少年だった時代、父・渋沢美雅(市郎右衛門元助)に贅沢を戒められたことがあります。叔父・保右衛門が江戸に出かける時に、栄一少年がついて行った時の話です。
歴史

とても「農家」とは言えない環境で育った渋沢栄一

農民から武士に出世し、明治政府で財政政策を打ち立て、実業家になってからは多くの会社の設立に携わった渋沢栄一。「農民から武士に出世」というと、一発逆転のサクセスストーリーに聞こえますが、実は、とても農家とは言えない環境で育ったのです。
戦国時代

本能寺の変の際に、細川藤孝が明智光秀に味方しなかった理由は?

明智光秀が本能寺の変で、織田信長・信忠親子を亡き者にした後、光秀は畿内の織田家各将に協力要請を出しました。しかし、応じた武将は少なく、最終的に山崎の戦いで羽柴秀吉に打ち破られ、落ち武者狩りにあったとかで命を落とします。 光秀が協力要請を出し...
信長の野望

【信長の野望】河尻秀隆はもう少し評価されても良いのでは?

河尻秀隆。元服から織田家に仕え、織田信長からの信頼も厚く、織田信忠の後見役として信忠軍団を実質的に統率しており、武田攻めの後に甲斐一国を任される功績を上げています。しかし、信長の野望シリーズでの評価はイマイチ。今一度、信長の野望シリーズでの...
戦国時代

信長「このまんじゅう食べてみ」荒木村重「…パクッ」

荒木村重は織田信長に対して謀反を起こし、1年近く有岡城で抗戦した後、単独で脱出、その後、名前を道糞と改めて茶人となり、出家して道薫と名乗った武将として有名です。 信長に謀反を起こしたということは、信長に臣従していた時期があります。どうやって...
戦国時代

黒田官兵衛「お前、左手何してたん?」

官兵衛は大河ドラマ『軍師官兵衛』の主人公としても描かれていました。序盤はさわやかなイメージでしたが、荒木村重によって投獄され、家臣によって救出された後、徐々にブラックな部分が出てきました。大河ドラマでは、最終盤で野心剥き出しで、関ヶ原の九州...
スポンサーリンク