スポンサーリンク

【野球】バースの再来とは?

バースの再来とは、阪神タイガースの所属していたランディ・バース氏の様な活躍を期待する外国人助っ人に対して使われるフレーズ。

スポンサーリンク

バースの再来とは?

1983年から1988年に阪神タイガースに助っ人として所属していたランディ・バースは、1985年には阪神タイガースを日本一に導き、1985年と1986年に三冠王を獲得するなど、輝かしい業績を残しています。また、1986年に記録したシーズン打率.389は日本プロ野球史上最高打率です。

その凄まじい活躍ぶりから「神様・仏様・バース様」と阪神ファンから崇められています。

さて、そんなランディ・バースの幻影を追っかけているのか、以降、阪神タイガースに入団する外国人に対して、デイリースポーツなどのマスコミが、「バースの再来」というフレーズを使っています。

この様な過剰な期待を寄せられている(マスコミが勝手に期待している)外国人ですが、史上最高の助っ人であるランディ・バースの様な選手はそうそう出現することはありません。

特に、阪神タイガースのスカウトが自前で連れてくる外国人は、ことごとくハズレています。

スポンサーリンク

最初のバースの再来

バースの再来が初めて登場したのがルパート・ジョーンズ。メジャーリーグで12年間プレーしていたということもあり、バース並みの成績を期待されていましたが、1988年の阪神タイガースでの成績は、52試合に出場して8本塁打・打率.250・打点27という期待外れの成績(ただし7月末からの途中加入)。

ちなみに、ルパート・ジョーンズは日本のプロ野球で初めて背番号00を付けたことで有名。

スポンサーリンク

以降のバースの再来

ルパート・ジョーンズ以降、マスコミは阪神タイガースの外国人助っ人をとりあえずバースの再来と扱っていることがしばしば。

某巨大掲示板(なんj)でも頻繁にネタにされており、マイク・グリーンウェル(0本塁打・打率.231・打点5)や、ブルックス・コンラッド(0本塁打・打率.175・打点0)など、著しく悲惨な結果に終わった外国人選手もいます。