【スポンサーリンク】

白水銀行とは?

白水銀行とは、池井戸潤の小説作品に登場する架空の銀行。メガバンクとして登場している。

【スポンサーリンク】

白水銀行とは?

白水銀行とは、池井戸潤の小説作品に登場する架空の銀行です。各作品ではメガバンクとして述べられています。本社は東京。

白水銀行登場作品 ポジション
半沢直樹シリーズ たびたび登場する。
鉄の骨 一松組のメインバンク。
下町ロケットシリーズ 佃製作所のメインバンク。
株価暴落 白水銀行が舞台の作品。
ルーズヴェルト・ゲーム 青島製作所のメインバンク。

半沢直樹シリーズでは、東京中央銀行よりも情報力では劣るものの、優良銀行として登場します。

なので、半沢直樹シリーズをご覧になった方からするとクリーンな銀行とも思えますが、株価暴落では、白水銀行内での派閥争いや足の引っ張り合いなど、クリーンとは真逆に描かれています。

他にも、下町ロケットルーズヴェルト・ゲームでも白水銀行の担当者は良い印象では描かれていないことから、優良銀行として描かれているのは半沢直樹シリーズだけとなります。

【スポンサーリンク】

白水銀行のモデルは?

白水銀行のモデルは、三井住友銀行とされています。

白水銀行は実在しませんが、白水会という社長会は実在します。白水会は住友グループの中核的な会社によって構成されており、三井住友銀行も白水会に所属しています。

ちなみに、白水会の由来は、住友家が「泉屋」という屋号で銅商を営んでおり、「泉」を上下に分けて「白水」としたものです。

【スポンサーリンク】

鉄道記事も書いてます!

もしよろしければ、鉄道記事もご覧になってみて下さい😺

鉄道記事バックナンバーはこちら→鉄道コム投稿記事一覧ページ