スポンサーリンク

Softbank Airのオプションについてくるスマートレスキューはすぐに解約してOK

Softbank Airを3年以上も使ってしまったのですが、結論から言うと失敗しました。回線速度はゴミだし、よくわからないオプションも入ってるし…

回線速度は居住地域によって仕方が無い部分があるのですが、オプションは速攻で解約した方が良いです。特にスマートレスキュー。これが高い。

なので、今日はSoftbank Airに半ば強制的にオプションとしてついてくる、スマートレスキューの解約方法について紹介します。

スポンサーリンク

スマートレスキューとは?

スマートレスキューというのは、Softbank Air利用者の財布から月額1,078円を抜き取ってくる業者です。

softbank-hikari.jp

まあ、会社として存在しているので、法的には問題無いと思いますが、ぶっちゃけるとスマートレスキューは使いません

使ったこともないですし、私の場合、Softbank Airを契約してから3年以上もその存在を忘れていました。

このスマートレスキュー、初月だけ無料なのですが、2ヶ月目から料金が発生します。

ソフトバンク光でも同様にスマートレスキューのオプションに入らないと契約してもらえないという、理不尽極まりないケースも存在します。

 

Softbank Airを利用した初月の請求書に記載が無いので、解約を忘れて毎月払っていた…という人も多いと思います。

しかも、請求書上では「他社サービス利用料金回収代行」という項目名で記載されているので、「ひょっとしたら重要なものなのでは?」と思う人も多いと思います。しかし、全然重要ではありません。マジでこういうのやめて欲しい。

実際、私も3年くらい払ってました。抱き合わせ商法と言われても仕方が無いのかなと思います。

スポンサーリンク

スマートレスキューの解約方法

さて、スマートレスキューの解約方法ですが、電話解約になります。なので、下記の番号に電話してください。フリーダイヤルなので通話料金は発生しません。

スマートレスキューの電話番号:0120-952-621

この番号に電話して、「Softbank Airのスマートレスキューを解約して下さい」と伝えると、特に何も引き留められずに解約手続きをしてくれます。

もし引き留められても「解約して下さい」と感情を交えずに淡々と伝えるだけでOKです。それでもしつこい様であれば、「国民生活センターに相談します」と言って、電話に出た担当者のフルネームを聞きましょう。スマートレスキューに限らず、「国民生活センターに相談」というキーワードを使用すれば、ほとんどの会社が手続きに応じます。

スポンサーリンク

そもそも、Softbank Airは契約すべき?

ぶっちゃけると、どっちでもいいかなと思います。個人的には、回線速度が壊滅的なのでオススメしませんが、そんなにインターネットを使わない人なら選択肢の一つとしてはアリです。まあ、優先度は極めて低いですが。

動画をガンガンみたり、オンラインゲームをする人なら、Softbank Airはやめておいた方がいいです。

 

じゃあ、どこのインターネットプロバイダーと契約するべきなのかと言うと、それは家電量販店のインターネット相談コーナーで相談してみて下さい。ヨドバシカメラとか大型の家電量販店なら、そういう相談コーナーが設置されています。

そこで、どのプロバイダーが良いのかを相談するのです。インターネット上に書かれてる「回線速度が~」みたいなのは、書いた人の主観や経験であって、全く参考になりません。プロに相談して、どのプロバイダーが適切なのか決めましょう。

間違っても、私みたいに、自宅まで訪問に来た営業の口車に乗せられて契約しない方が良いです。