スポンサーリンク

SESは完全に詰み?各種審査で弾かれる職業ブラック

SES(客先常駐型)のエンジニアはブラック職業で有名です。

給料は安いしボーナスも少ない、クソみたいな仕事ばかりさせられてスキルも身に付かない。いくら頑張っても昇給しないし、資格を取れと言われても勉強する時間も無ければ、教材費も高い。どうにか高額なベンダー資格を受験しても、落ちたらショックは大きい。会社が受験費用を出せよと思いますが、そもそもSESの会社にお金が無い…

どこからどう見ても詰んでるブラック職業です。

さて、SESのエンジニアは仕事内容と給料面ばかりブラックに見られますが、実は、もっとブラックな部分は意外と知られていません。

スポンサーリンク

SESは各種審査でNGになりやすい職業

SESのエンジニアは、その職業に就いているだけで致命的です。何故かと言うと、各種審査に通りにくいからです。

例えば、クレジットカードやキャッシングのローン限度額や、住宅ローンや自動車ローンなどは年収が見られますが、職業も見られます。SESエンジニアは他の職業に比べてブラック度合いが高いため、限度額が低めに設定されやすいです。

そもそもの年収が低いのもありますが、すぐに転職を繰り返すのが要因の一つです。転職して年収が上がれば良いのですが、そうそう年収が上がるものではありませんし、転職して年収が上がっても、そこから昇給するのは難しいからです。しかも、ほとんどのSES企業は基本的なボーナス額が低いにもかかわらず、毎年徐々にボーナスを下げて来るという。

また、精神的な病気を患いやすい職業のため、審査は厳し目に行われます。何故なら、精神病にかかってしまうと、自ら命を絶ってしまう可能性が上がるからです。

そうでなくても、精神を安定させる薬を処方してもらい、服用するという事実があれば、更に審査は厳しくなります。特に生命保険などは、精神科や心療内科での受診歴があると、査定が一気に厳しくなります。

スポンサーリンク

システムの審査はOKでも、人の審査でNG

住宅ローンや自動車ローンなど各種ローン、生命保険など、そういった審査ではシステムによる審査で機械的に判定しますが、最終的に審査を通すかどうかは人が決定します。

システム的にはOKであっても、人の審査でNGとなってしまうケースが多いです。NGにならなかったとしても、融資額や限度額が低めに設定されたりします。

先述した通り、不安定な職業と言うのが理由です。これを職業ブラックと言います。

みなさんも、お金を貸す側の職業に就いた時に考えて見て下さい。

SESのエンジニアみたいに、

  • 年収が低い
  • 精神的に疾患する可能性が他の職業に比べて高い

という人にお金を貸して、ちゃんと回収できる見込みがありますでしょうか?

住宅ローンなんて最悪ですよね。数千万円という巨額の融資をしますから、SESエンジニアみたいな不安定な職業に貸してしまったら、他の職業に比べて貸し倒れになる可能性が高くなります。

そんな人に対して、お金を貸したい、融資したいと思いますか?

スポンサーリンク

SESでも職業ブラックじゃないSESは?

さて、職業ブラックに認定されないSESエンジニアもいます。

  • 上場しているSES企業に勤めている
  • 年収が非常に高い

これのどちらかを満たしているSESエンジニアは職業ブラックとして、各種審査ではブラック判定されることはありません。

でも、年収が非常に高いSESエンジニアなんてのは、ほんの一人握りです。

少なくとも、この記事を読んでいる人は論外レベルです。諦めましょう。