スポンサーリンク

本能寺の変の際に、細川藤孝が明智光秀に味方しなかった理由は?

明智光秀が本能寺の変で、織田信長・信忠親子を亡き者にした後、光秀は畿内の織田家各将に協力要請を出しました。しかし、応じた武将は少なく、最終的に山崎の戦いで羽柴秀吉に打ち破られ、落ち武者狩りにあったとかで命を落とします。

光秀が協力要請を出した武将のうち、光秀と縁が深い、細川藤孝がいます。しかし、藤孝は自身が剃髪して出家、家督を藤孝の息子・忠興に譲り、隠居しました。

スポンサーリンク

何故、細川藤孝は明智光秀に協力しなかったのか

細川藤孝が本能寺の変の後、縁戚関係(光秀の娘・玉(ガラシャ)と藤孝の息子・忠興が夫婦)であったにも関わらず、明智光秀に協力しませんでした。

藤孝は光秀軍団に所属していましたが、あくまでも与力として光秀の配下についていました。光秀の直臣であれば、光秀が藤孝に命令出来る立場にありますが、藤孝は光秀の直臣ではないため、光秀は藤孝に「協力要請」という形をとっています。筒井順慶も同様に、光秀の直臣では無く与力という立場でしたので、光秀から順慶に「協力要請」をしています(順慶も中立的な態度を示しますが、最終的に秀吉についています)。

で、藤孝が光秀に協力しなかった理由がいくつか考えられます。

光秀では天下は無理

明智光秀に協力しても、先が無いと判断し、中立を維持したと考えられます。畿内の各武将が、光秀に協力しないと読んでたのでしょう。光秀が畿内を押さえたとしても、姫路以西は羽柴秀吉、北陸には柴田勝家もいます。光秀軍団は畿内で大きな勢力を誇っていましたが、与力が多く、与力武将が裏切った光秀に同調しないと藤孝は予想して、中立を保ったと考えられます。

光秀の家臣になりたくない

光秀の出自は定かではありませんが、もともとは細川藤孝の家臣であり、光秀の家臣になりたくなかったという説もあります。光秀は織田家で実績を出して出世していき、藤孝は光秀の与力になりますが、あくまでも与力であって家臣ではありません。藤孝からすると「光秀の補佐をしている」という立場。

例えるのであれば、昔の部下が出世して、その部下の下には付きたくなかったということなのでしょう。

三淵藤英自害の恨み

三淵藤英の命を助けてくれなかったという恨みから、本能寺の変後に協力しなかったという可能性もあります。

細川藤孝の兄・三淵藤英は、1574年(天正2年)に信長の命令によって所領を没収され、光秀預かりとなった後に自害させられました。その時に光秀がどれほど藤英の助命をしたのかは定かではありません。経緯はいずれにせよ、結果的に、藤英は自害さすることになりました。

藤孝からすると光秀に対して「兄を何としても助けて欲しい」という心境だったのではないでしょうか。しかし、藤孝の願いは叶わなかった。藤孝の中に、「織田家随一の実力者である光秀が、藤孝の兄・藤英を守ってくれなかった」という禍根が残っていたのかもしれません。

スポンサーリンク

編集後記

理由はいずれにせよ、結果的に、細川藤孝は明智光秀に協力しませんでした。後から考えれば、藤孝の決断は英断で、細川家は現代まで脈々と続く名家として残っています。